深魂音メソッドとは?

ここであなたに1つ質問があります。
 

「あなたは自分が本当に出したい音を、自分で見つけられていますか?」

 

実は多くのプレイヤーたちが上達を実感できていなくて悩んでいる答えがここにあります。

 

練習方法や身体の使い方が根本的な原因ではないのです。

 

 

根本的な一番の原因、それは、

 

『自分が本当に出したい音がどんなものか気づいていない』

 

ということです。

 

 

今あなた自身が出したいと思っている音も、実はそう思い込んでいるだけの可能性があります。

 

あなたは先輩や先生、そして講師の方から

「〇〇(=キレイな、暖かなetc)な音がいい音です。だから〇〇な音で演奏してください。」

と言われたことはありませんか?

他人からそう言われるうちに刷り込みの効果で、あたかも自分がその音を本当に出したいと錯覚してしまうのです。

 

そのほかにもCDや生の音を聴いて、

「自分が出したいと思っている音はこれだ!」

と思い込んでいるだけの可能性もあります。

 

そう思い込んでいる状態で練習を続けた場合、心と身体がどんどん離れていってしまうので、上達が感じられなくなりますし、最悪の場合、逆に下手になっていきます。

 

この自分ではなかなか気づくことのできない、自分が本当に出したい音のことを別名『深魂音(しんこんおん)』とも呼びます。

 

自分が本当に出したい音(=深魂音)を最初に見つけて作り上げていくことで、

あなたの演奏は急激に上達し始めます。

 

そして、あなたが表現する音楽が変わります。

メソッドについて


ほとんどの人はなぜ思い通りの演奏ができないのか?

  • 自分自身が本当に出したい音を知らない
  • 間違った思い込みをしていることに気づいていない
  • スコトーマ(心理的盲点)によって、自分の音を聴く感覚と周りの人の聴く感覚の違いを認識できていない
  • イメージ通りに動く身体作り・練習ができていない

このメソッドは “小崎の聴く力” 且つ、小崎がこれまでに学んできたことを複合的に織り交ぜた“体感ワーク”により、確実に音の変化を体感できるプログラムです。

セッションの特徴


① 小崎の聴き方により、受講者が自身で”深魂音”に気づく

人は自分が納得し、自分が信じている道にしかエネルギーが湧いてきません。その自分の思いは、思い込みや周りの評価に影響され、わからなくなってしまうことが往々にしてあります。

レッスンで行うのは、聞き手(私)の思念を極限まで外し、話し手(受講者)が自分の中にある本当の思いや夢・目標を、自分自身で掴むことのできる聞き方です。

従来のカウンセリングや、コーチングといった手法とは一線を画したものです。

この聞き方をすることで、あなたが本当に出したい音(=深魂音)を一緒に見つけていきます。

② 3つの柱を中心に、効果的な行動を習慣化

 3つの柱とは、

○イメージ

・本当に表現したいことを明確にする

・思い込みを消し、ブレない自分を作る

○身体の使い方

・ベースの身体能力を高める

・イメージに対応する身体を作る

・ハイパフォーマンスをキープする身体を作る

○知識

・効果的な練習ができるようになる

・迷うことなく演奏に取り組めるようになる

 

私自身がこれまで学んできたこれら3つの柱を中心に、自分が本当に出したい音(=深魂音)をより明確にするために効果的な行動を習慣化していきます。

③ 完全オーダーメイド型のレッスン

 人間一人ひとり音のイメージも違えば、カラダの造りも異なります。

そして、受講生がそれぞれ抱えている不安や課題も異なります。

そのため私のレッスンでは、完全にそれぞれの受講生の段階に合った内容のレッスン(完全オーダーメイド型のレッスン)を行います。

 

このプログラムで得られるもの


☑︎-、自分が本当に出したい音’深魂音‘

☑︎-、本当の自信

☑︎-、適切な目標設定と行動習慣

☑︎-、演奏技術

☑︎-、自分にしかできない楽曲表現

☑︎-、本当の音楽の面白さ