【なぜ金管楽器奏者はアンブシュア(唇)に意識がいってしまうのか?】

カラダの使い方

皆さんこんにちは、小崎音楽教室代表の小崎です。

今回の記事のテーマは、

【金管楽器奏者のアンブシュア】

です。

金管楽器奏者ならば、

必ずといっていいほど一度は悩むアンブシュア。

アンブシュアとは、

管楽器の演奏者が、

楽器を吹くときの口の形およびその機能のことである。

演奏者の口(または唇、舌、歯、顎、頬、鼻腔、咽喉など)がある特殊な機能を持たされた状態を指すということもできる。

Wikipediaより

その中でも、今回はについて考えていきます。

前回の記事で、

【金管楽器の適性と唇の関係性について】

というところでも、

唇に関する内容を触れました。

これまでたくさんレッスンをしてきて、

特に金管楽器を吹いている奏者から、

「唇のフィット感が気持ち悪いです」

「上唇にどれくらいマウスピースを入れたらいいですか?」

「長時間吹いていたら唇が腫れてきました」

「唇の動かし方がよくわかりません」

etc…

こういう話を聞くと、

生徒さんたちが唇に意識がいっているのがよくわかります。

本当に、

唇に関する悩み・トラブルは多いです!

そもそも、

なぜそんなに唇に意識がいってしまうのか?

これは、

脳神経科学の観点からみていくと、

明確な理由が存在します。

皆さんはこの絵を見たことがありますか?

これは、

ペンフィールドのマップ

と言われるものです。

カナダの脳神経外科医ペンフィールド(18911976)は、

人間の知覚、思考、推理、記憶、自分の意思による運動を司るのが「大脳」。

そして電気刺激を用いて、

「どの大脳の箇所が」「どの身体の部分を」

刺激しているのかについて研究していました。

ペンフィールドは、

大脳のどの部分が、

身体のどの部分に対応しているかだけではなく、

脳の各部分の対応領域の割合の大きさまでもを解明しました。

要するに、

大脳の各部分と身体の各部分の対応領域のサイズには、

ばらつきがあるということです。

ペンフィールドのマップをよく見てみると、

手や唇の占める割合が非常に大きいことがわかります。

これは、

人間が何かのモノやコトを認識するにあたっては、

手や唇からの感覚情報が非常に重視されるということなのです!

ペンフィールドのマップをもっとビジュアル的にわかりやすくしたのが、

「ペンフィールドのホムンクルス」と言われる人形です。

ペンフィールドのホムンクルスとは、

身体の感覚情報のバランスをビジュアル的に再現したものです。

この人形を見ると私たちの脳が、

身体のどの部分の感覚情報に重きを置いているのか、

視覚的に認識できます。

そして、

改めてこのペンフィールドのホムンクルスを、

今日のテーマである、

なぜ金管楽器奏者はアンブッシュア(唇)に意識がいってしまうのか?

というところに当てはめてみると、

唇は、

ヒトの部位の中でも、

特に感覚情報を受け取りやすい場所です。

その証拠に、

感度が高くなるように訓練していくと、

上唇に指の腹を乗せると指紋の形状を認識できるようになる

ということがあります。

なので、

金管楽器を吹いていて、

(もちろん木管楽器もそうですが、)

唇に意識がいってしまうのは、

人間の構造上仕方がないことなのです。

というか、

ペンフィールドのホムンクルスをみると、

そもそも管楽器を演奏するのに必要な、

・唇

・舌

・手

・耳

という身体の部位が、

どれも感覚情報を受け取りやすいということがよくわかります

なので、

これら4つの部位は意識しなくても、

感覚情報をたくさん受け取るようになってるから、

それよりも、

呼吸に必要な筋肉や音楽そのものに意識を向けて、

意識的に感覚情報を受け取りに行く必要があります。

ポイントとしては、

一、唇に意識がいってしまうのは仕方がないことなんだと認識した上で、

二、管楽器を演奏するためにより必要な部位や音楽に意識を向ける。

ということです。

どこにも意識をフォーカスしなかったら、

結果的に唇に意識がいってしまいます。

ここでも意識の注意点を、

呼吸に必要な筋肉や音楽

に変えてやるだけで、

音がこもってたのがクリアになったり、

音が広がっていたのがまとまったりするなど、

音に変化が出てくることがあります。

ぜひ試してみてください。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

何か感想・ご意見等ありましたらメッセージよろしくお願いします。

2+