【楽曲分析でまず考えるのは作曲者の〇〇】

楽曲と向き合う

 

みなさんこんにちは、音楽指導者・指揮者 の小崎です。

 

前回、【楽曲分析ってナニ?】ということでお話を進めてきたのですが、

 

いざ「楽曲分析をやるぞー!」ってなって、実際にこんなことが起こります。

・情報収集の時間が足らない

・情報が多くなりすぎて迷う

・いつのまにか情報収集自体が目的になってしまっている

・途中でイヤになって挫折する

 

こうなっちゃうケースがとても多いです。

 

なぜこうなってしまうかというと、

 

音楽に終わりがないように、

楽曲分析にもまた終わりがないからです。

 

じゃあどうしたらいいのか?

そのヒントは、

 

・行動心理学

・ビジネスの世界で出てくるマーケティングのある手法

 

にありました。

 

行動心理学・そのマーケティングの手法を、

音楽の楽曲分析に応用することで、

とても『シンプルな楽曲分析』ができるようになります。

 

というふうに紹介していました。

ということで、今回はその『シンプルな楽曲分析』をするための考え方を見ていきます。

 

チェリスト・指揮者として20世紀に活躍した、ムスティスラフ・ロストロポーヴィチが次のような言葉を残しています。

わたしたち音楽家にとって、

一番大切なことは、

作曲家が音楽をつくったときの感情を再現することです。

作曲したとき楽しかったのか、悲しかったのか…。

音楽には何か希望が託されているのかもしれない。

ムスティスラフ・ロストロポーヴィチ

 

そうなんです。

 

作曲家もヒトなので、みんな【感情】を持ち合わせています。

 

 

楽曲分析最大のポイント
楽曲分析でまず考えるのは作曲者の【感情】

 

というわけで今回のブログのタイトルの、

【楽曲分析でまず考えるのは作曲者の〇〇

 

この〇〇に入るのが、

 

    〇〇 =  感情

 

でした!

 

まず考えていくのは作曲者の【感情】ということなのですが、

これは、

行動心理学の観点から見ていくとわかりやすいです。

 

行動心理学の考え方の中に、

 

行動心理学の考え方
ヒトが【行動】を起こすときは、

必ず何らかの【感情】が伴っている

 

というのがあります。

【行動】と【感情】はワンセットで考えます。

 

例えば、今あなたはスーパーに買い物に来ているとします。

 

買い物をしているとアナウンスが入り、

「ただいまから夕方のセール!対象品は全て30%オフ!」

 

 

あなたはこのアナウンスを聴いて、

 

『安いうちに買わなきゃ!』

   (↑①【感情】が動く)

そして実際にその商品を手に取り、レジに向かいます。

    (↑②【行動】する)

 

お会計をしているときに、あなたはこう考えます。

『ちょうどこれが欲しいと思ってたのよね。』

    (↑③【感情】・【行動】に対して正当な理由づけを無意識に行う)

 

どうでしょうか?

実際にこういったことを経験したことはありませんか?

 

まずはじめに【感情】が動き、

続いて【行動】して、

最後に【感情】・【行動】に対して正当な理由づけを無意識に行います。

 

ここでポイントなのは、理由づけは無意識に行われるということです!

 

脳の性質上、行動と感情が矛盾していると、

その整合性を取ろうとするので、

無意識に(勝手に) 正当な理由づけをします。

 

なので、理由づけを初めから考えてもあまり意味がないということ。

 

音楽に置き換えて考えていくと、

 

『なぜ作曲家はこの曲を書いたのか?(理由づけ)』

いきなり考えても答えが出ないということです。

 

なので、一番大事なことは、

 

まず、

作曲家がどんな【感情】に導かれて、

作曲するという【行動】に至ったのかを知ること。

 

つまり、

作曲したときの【感情】を知ること。

 

これがスタートラインになります。

 

その理由は先ほどもお伝えした通り、

 

【感情】と【行動】はワンセットで、

ヒトは【感情】に動かされて【行動】する生き物

 

だからです。

 

つまり、

徹底的に作曲者目線で【感情を感じるチカラ】

が必要になってきます。

 

この作曲者の感情を読み取ることができるようになると、

脳は【感情】と【行動】の矛盾を嫌がって、

整合性を取ろうとして無意識に曲の理由づけをしてくれます。

 

じゃあ具体的にどうすれば徹底的に作曲者目線で【感情を感じるチカラ】を高めることができるのか??

 

そのヒントが、

 

・ビジネスの世界で出てくるマーケティングのある手法

 

にありました。

ということで、次回はいよいよ具体的な『カンタンな楽曲分析のやり方』を紹介していきます。

 

そのために、

 

楽曲分析最大のポイント
楽曲分析でまず考えるのは作曲者の【感情】

 

ぜひこの考え方を意識してみてください。

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

何か感想・ご意見等ありましたらメッセージよろしくお願いします。

1+