【教育と指導の違いってナニ??】

レッスン

 

みなさんこんにちは、音楽指導者・指揮者 の小崎です。

 

音楽指導者の方や親御さんから、よくよく相談されることなのですが、

 

「生徒や子どもたちのためにどういった関わりをしたらいいですか?」

「生徒や子どもたちのためにどういった教育をしたらいいですか?」

「生徒や子どもたちのためにどういった指導をしたらいいですか?」

 

どの現場に行ってもほぼ100パーセント相談されることです。

 

そして相談された時に、僕自身が感じていたことが、

 

『そもそも教育と指導の違いって何だろう?』

 

ということでした。

ということで、今回は、教育現場や音楽レッスンの中でよく耳にする『教育と指導』について考えていきます。

 

 

まず、『教育』なのですが、辞書的な意味を見てみると、

『教育』とは、

教え育てること。

知識、技術などを教え授けること。

人を導いて善良な人間とすること。

人間に内在する素質、能力を発展させ、これを助長する作用。

人間を望ましい姿に変化させ、価値を実現させる活動。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

 

 

それに対して『指導』なのですが、同じように辞書的な意味を見てみると、

『指導』とは、

ある目的・方向に向かって教え導くこと。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

 

とあります。

 

次に、それぞれの英語を見ていくと、

『教育』= education  

という単語になります。

 

この education を分解していくと、

education

educe = 能力を引き出す

-tion = こと

 

 

つまり、

 

【 education = 能力を引き出すこと 】

 

となります。

 

それに対して、『指導』は、

『指導』 = leadership 

という単語になります。

 

この leadership を分解していくと、

leadership

lead = 導く

-er = 人

-ship = ~状態、立場、能力

 

 

つまり、

 

【 leadership =人を導く状態 】

 

となります。

 

このようにみていくと、

【 教育 = 能力を引き出すこと 】なので、

教育を受ける側の自発的な成長を期待するものであると言えます。

 

それに対して、

【 指導 = ヒトを導く状態 】なので、

指導する側に、何かに向かってヒトを導くという明確な意図があるため、

指導を受ける側に、意図的な成長を促すものであると言えます。

 

◯ 教育 = 自発的成長を期待する

                   内的   〉 外的

                 (*長期的な視点)

◯ 指導 = 意図的成長を促す

                   内的 〈   外的

                (*短期的・中期的な視点)

 

カンタンにまとめるとこうなるのですが、

これを吹奏楽に例えて考えてみると、

 

教育
◯自発的成長(*長期的な視点)

・演奏者一人ひとりの音楽の能力を引き出す

・どんな音楽を自分がしたいのか?

・誰に音楽を届けたいのか?

・音楽の喜びを自らの経験から見出す

・自分で考えて練習する

 

 

指導
◯意図的成長(*短期的・中期的な視点)

・演奏技術の向上

・集団(楽団)のルール・規則を学ぶ

・楽譜という制約の中で何をするか考える

・集団の中で、1つのゴールに向かって創り上げる

 

 

教育と指導のどちらとも必要なものです。

僕自身が、吹奏楽やオーケストラの楽団で指揮を振ってきて確信があるのは、

 

教育的側面から見た音楽の素晴らしさは、

音楽を通じてそれぞれの演奏者、

そしてお客さんに対して、

勝手に『教育』と『指導』が行われて、

人間形成・人格形成が成される

 

ということです。

 

僕がやっていることは、

 

人間形成・人格形成という【目的】のために、

音楽という【手段】を使っている

 

といえるかと思います。

 

『教育には時間がかかる』

でも、その人それぞれの能力を引き出す【教育】というものが、僕は大好きです。

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

何か感想・ご意見等ありましたらメッセージよろしくお願いします。

1+