『音が劇的に変わりすぎて・・・』

レッスン

 

みなさんこんにちは、音楽指導者・指揮者 小崎の音楽教室代表の小崎です。

 

今日は、オーボエを吹いている大学2年生の女性(オーボエ歴1年半)のレッスンでした。

 

 

 

今回レッスンに持ってきた曲は、

アルフレット・リード作曲 『エル・カミーノ・レアル』

吹奏楽やっている人にはなじみのある曲で、

曲の途中に出てくるオーボエソロが有名です。

 

 

 

まず、彼女の音・彼女自身の話を聴かせてもらうと、

 

 

・思い通りの音が出せない

・合奏になると緊張してしまう

・右肩・首の過剰な筋緊張がある

・「音が出なかったらどうしよう」というのが強い

・将来何がしたいのかわからない

 

といったことがわかりました。

 

彼女にとっては今日がはじめてのレッスンだったので、1つ1つのことに集中しやすいように、

 

メンタルアプローチ

フィジカルアプローチ

 

という流れで進めました。

 

どんな現状の課題・悩みであれ、細かく分解していくと、解決の糸口が見つかるものです。

 

ということで、

 

最初に出てきた4つの解決ポイントを、

メンタルとフィジカルに分類すると、

 

メンタル

・「音が出なかったらどうしよう」というのが強い

・合奏になると緊張してしまう

・将来何がしたいのかわからない

 

フィジカル

・右肩・首の過剰な筋緊張がある

 

そしてその結果として、

 

【思い通りの音が出せない】

 

ということになっていました。

 

ここでメンタルに分類した、

 

・将来何がしたいのかわからない

 

これ、音楽に関係あるの???

 

と思った方、いらっしゃると思います。

 

はっきりと、

 

めっっちゃくちゃ関係あります!!!!

 

どう関係あるかはまた別の機会に話すとして、

 

そうしてまずメンタルアプローチからスタートして、

そのあとフィジカルアプローチをしていくと、、、、、

 

彼女自身が自分ことをどんどんわかるようになって、

どんな音が出したいのか明確になり、

さらに余計な筋緊張を取り除いて、

そのイメージ通りに動くカラダづくりをやっていくことで、、、

 

レッスンが終わる頃には、

 

『正直、音が劇的に変わりすぎて戸惑ってます!私ってこんな音出るんだ!新しい発見がいっぱいありました。しかも長時間休憩なくずっと楽器を吹いているのに、全然疲れていません!こんな感覚が初めてで、もっともっと吹きたいです!』

 

というかたちになっていました。

 

レッスン前と比べて余計な筋緊張が取れて、結果的に姿勢も良くなりました。

 

今回のレッスンで、僕自身が改めて実感したことは、

 

・シンプルに分解して考えることの大切さ

・自分と向き合うこと(内観力を高めること)の重要性

 

です。

 

僕のレッスンではまず、

 

メンタルとフィジカルの2つに分類して、

 

・そもそもイメージができているか?

・イメージ通りに動く体づくりが出来ているか?

 

というところを徹底して観察して、アプローチをしていきます。

 

 

1つ1つ落ち着いて解決していくと、

ホントに1回のレッスンでどこまででもいけるので、

めちゃくちゃ演奏が楽しくなります。

 

楽器ごとに、筋緊張が起こりやすい箇所が違ったりするので、その話もこれから記事にしていこうと思います。

 

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

何か感想・ご意見等ありましたらメッセージよろしくお願いします。

1+