〜音さがしの本〜 親子・グループワーク編

本から学ぶ

 

みなさんこんにちは、小崎音楽教室代表の小崎です。

 

今回は、前回の記事で紹介した『音さがしの本』から、

音楽レッスンの現場で使える実践的な親子・グループワークを紹介・解説していきます。

 

『音さがしの本』 ~音と耳と心を澄ます 子どものための100のサウンド・ワーク~R.M.シェーファー

 

前回の記事でもお伝えしたのですが、

ただただワークをやるのではなく、

・何のためにこのワークをやるのか?

・このワークをやると何が得られるのか?

という目的・エンドポイントを明確に理解した上でワークを行うと、

効果の出方が全然変わってきます。

 

ということで、これから紹介・解説するワークに関しても、

目的・エンドポイントを意識してやってみることをオススメします。

 

これから紹介するワークは、大きく分けると2つの目的を持って行うと効果的です。

その2つの目的とは、

①聴く力を養う

②音に対する感受性を養う

ということです。

 

音楽をやる上で、大事な要素の1つが音を聴く力になります。

この音を聴く力は、改めて説明することもないかと思いますが、

むしろ、

音楽をやっている人は、ふだん無意識的に音を聴いているので、

あえて意識的に音を聴きにいくことで、

・集中力が高まったり、

・今まで聴こえなかった音が聴こえてきたり、

・音楽に入り込みやすくなったり

と、音を聴く力が養われるとたくさんプラスになることがあります。

 

 

そして、聴ける力が身についてくると、その次は聴いた音から何を感じるか?(=音に対する感受性)が大事な要素となります。

 

こうした2つの要素を養っていくと、音楽をやる上で必ず音楽表現の助けになってくれます。

 

ということで、ここからは具体的なワークをどんどん紹介していきます。

まず、『聴く力を養うワーク』から。

 

聴く力を養うワーク①

目をつむって、耳をすます

聴こえた音を全部書き出す

他の人が立てた音を○印する

自分自身が立てた音を☆印する

一番小さい音から大きい音まで並び替える

一番好きな音は?

一番嫌いな音は?

場所を変えてやってみる

 

聴く力を養うワーク②

目を閉じて座る

別の人に部屋を動き回ってもらう

目を閉じている人にその位置を指さしてもらう

目を開けて確認する

 

聴く力を養うワーク③

時計、メトロノーム、ケータイなどずっと音がしているものを持ってきて、部屋のどこかに隠す

目をつぶって耳だけを頼りに、それを探す

 

続いて、『音に対する感受性を養うワーク』です。

 

音に対する感受性を養うワーク①

1枚の紙を楽器だと思ってみる

メンバーみんなが違った音を作らなければならない

いくつくらい違った音が作れるだろう?

紙を折ったり、息を吹きかけたり、おとしたり、ちぎったり、

ほかにどんなことができるか?

(最後までまるめないように)

 

音に対する感受性を養うワーク②

誰かに何かの音を出してもらう

ほかのみんながそれを絵にしてみる

音1つに絵を1つ書くこと

他の人と絵を見比べてみる

 

音に対する感受性を養うワーク③

誰かに何かの音を出してもらう

ほかのみんながそれを色にしてみる

音1つに色を1つ書くこと

他の人と色を見比べてみる

 

前回紹介した個人ワークを、親子・グループワークとしてやっても面白い発見があると思います。

 

みんなで楽しみながらやって、お気に入りのワークを見つけてみてください。

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

何か感想・ご意見等ありましたらメッセージよろしくお願いします。

2+