【何をイメージするの?】

深魂音メソッド

 

みなさんこんにちは、音楽指導者・指揮者 小崎の音楽教室代表の小崎です。

前回のお話で頭の中でイメージできているか?(=知的創造ができているか?)というテーマの中から【何のためにイメージするの?】というお話をさせていただきました。

今回は、引き続きの同じテーマの中から【何をイメージするの?】というお話をしていきます。

  

  

何をイメージするのでしょうか??????

  

  

レッスンの現場でこの質問をよくするのですが、これは本当にいろんな意見が出てきて面白いです。

 

これまでに出てきた答えとしては、、、

・理想の音

・風景

・曲のストーリー

・感情

・色

・人物

・動物

etc…..

 

本当に人によってさまざまです。

 

 

前回のお話で、

何のためにイメージするのかというと、それは頭で思い描いた通りの音楽をするため

ということをお伝えしました。

音楽をするため、ここが大きなポイントになります。

  

何をイメージするのか?  先に答えを言ってしまうと、、、、

 

その人が音楽をするために必要な要素全部!

ということになります。

その人が震える音楽ができればOK!

なので正解がありません!!!

えっ!?正解がないの!?!?なぜ~~~~!?

 

なぜなら、一口に『音楽』といっても一人ひとりがイメージしている世界観・価値観が異なるためです。

ヒトはそれぞれ歩んできた環境・人生・時間をかけてきたことが異なります。

あえていうなら、正解はその人の中にある!ということです。

言葉にできなくてもよくて、ただただ表現したい音楽を本人が『感じる』ことができたらいいのです!

 

『イメージを言葉にして、人に説明しなくちゃいけない!』、ということを思っている人がけっこう多いのですが、無理に言葉にしなくて大丈夫です!

【百聞は一見にしかず】

ということわざがあるように、100回説明するより1回音を聞いた方が情報量が多いし、伝わるのです!

時には仲間との曲作りの中で、言葉で説明することもあるかと思いますが、あくまで言葉は伝えるための1つの手段でしかありません。

皆さんは音楽家なので、言葉よりも音で表現することが圧倒的に大事です!!!

ということで、今回は【何をイメージするの?】ということでお話を進めてきました。

何をイメージするのか?

それは、

その人が音楽をするために必要な要素全部!

です!!

これがイメージできたら正解というのはないので、自由に楽しんでイメージを膨らませながら音楽を楽しんでみてください。

0